妊娠中のダウン症予防!葉酸で7割リスクを防ぐ

ダウン症の特徴・原因・予防方法等についてまとめてます!

*

行政のダウン症の人への対応!補助金や手当について

   

スポンサーリンク

ダウン症の子供は高齢出産の場合にリスクが高いとは言われているものの、実際は若いお母さんからも生まれることもありますし、どんな家庭でダウン症の子供が生まれてくるかわかりません。

もしも生まれた子供がダウン症だった場合には、どのような援助が受けられるのでしょうか。

down

ダウン症の人への行政対応

ダウン症に限ったことではありませんが、行政では障害を持った人が暮らしやすい社会を作るためにも様々な支援を行っています。

それは生まれてからすぐに支援を利用することが可能です。

ただ、中にはお母さん、お父さんが自分の子どもが障害を持っているということを受け入れがたい気持ちになり、支援を受けることをためらうというケースも見られます。

家族の中だけで悩まずに、気軽に行政へ相談できることが理想です。

まず、ダウン症であり、知的障害を持っているということが分かった場合には療育手帳の支給を受けることができます。

これによって特別児童扶養手当や心身障害者扶養共済、公営住宅の優先入居、電車料金の割引などの援助を受けることができます。

援助に関して相談したい場合には、子供の場合には児童相談所へ行くと良いでしょう。

スポンサーリンク

→ダウン症児は4歳になっても言葉が上手く喋れない?言葉の発達について

補助金や手当について

もしも重度の心身障害があった場合には、身体障害手帳を受け取ることができ、病院の診察費用を助成してくれます。

また、子供が心身に障害があるというお父さんかお母さんに対しては、特別児童扶養手当を受け取ることができます。

費用については障害の重症度によって異なります。

更に、看護したり介護が必要になった場合にはホームヘルパーやデイサービス、ショートステイなどの利用を優先的に受けることが可能です。

ダウン症の子供は長生きできないと言われていた少し前とは違い、現在は平均50歳以上も生きることができるようになりました。

しかし、それでも大人になってから、介護が必要になるダウン症児も非常に多いのが現状です。

親の力だけでは生活を支えていけないこともありますので、福祉を最大限に利用していく必要があります。

→ダウン症の介護問題!知って置きたい介護事情について

スポンサーリンク

 - 育児・教育・介護

  関連記事