妊娠中のダウン症予防!葉酸で7割リスクを防ぐ

ダウン症の特徴・原因・予防方法等についてまとめてます!

*

ダウン症児は保育園に通うのは迷惑?特別支援学校に行くのべきなの?

   

スポンサーリンク

ダウン症には、知能障害や運動障害があることも多いです。

しかし、ダウン症の子供それぞれで症状の重さは大きく違うため、その子一人ひとりにあった育て方と環境が必要になります。

ダウン症の子供はもちろんのこと、子供は幼いうちから集団の中での生活をすることによって、生きるために必要な多くのことを学びます。

ではダウン症の子供が集団生活を行う場として、適切なのはどこでしょうか。

hoikuen

ダウン症の子供が保育園に通う場合

症状の重さにもよりますが、対話ができ、コミュニケーションを取ることができ、身の回りのことをある程度は自分ひとりでできる場合には保育園で一般の子供と一緒に生活することが可能でしょう。

しかし、そういった子はごく一部だと考えられます。

トイレが一人ではできなかったり、一人でご飯を食べること、歩くこと、聞くこと、話すことが難しい場合には保育園に通っても集団生活での学びを得ることは難しいと考えられます。

しかし、保育園の中には障害者クラスを併設しており、障害者の子供たちで一クラスを設けている保育園もあるようですので、そういったところであれば安心ではないでしょうか。

→ダウン症は鼻が低いのが特徴!鼻にでる合併症について!

特別支援学校に通う場合

一般の人と会話をしたり、集団生活を行うことは難しいといった場合には、特別支援学校に通うべきでしょう。

特別支援学校には、ダウン症以外にも四肢不自由な子や聴覚障害、視覚障害、その他虚弱体質で毎日通うことが困難な子供もいます。

一般的な学校よりも教員が手厚いので、一人ひとりの多くの時間をかけて教育をしてくれます。

スポンサーリンク

→ ダウン症の合併症!白血病の予後について

ダウン症の子は健常者と一緒は難しい?

ダウン症の症状が軽いとはいえ、やはり健常の子供からは少し遅れている、また見た目も特徴的なダウン症の子供をお持ちの両親は、一般の保育園や学校に通わせることで子供がいじめにあったりしないか、他の子供たちに迷惑をかけるのではないかと心配になる人もいることでしょう。

いじめは健常の子供でも受けるもので、ダウン症の子が受けないとは言い切れませんし、一般の子ができることができないということで目立つこともあるでしょう。

快く思わない人もいるかもしれません。

しかし、それは気持ちのとらえ方でも変わりますし、周囲の理解を得るために何かできることもあるかもしれません。

最初から健常者に遠慮はせず、まずは子供にとってどんな環境が良いのかを考えることが大切です。

→ダウン症出産した人の年齢グラフ!確率や割合は高齢になる程あがる!

スポンサーリンク

 - ダウン症について

  関連記事