妊娠中のダウン症予防!葉酸で7割リスクを防ぐ

ダウン症の特徴・原因・予防方法等についてまとめてます!

*

ダウン症児は食欲がない?新生児はミルクの飲み方が特徴的?

   

スポンサーリンク

出産して、子供がダウン症だとわかったとき、他の普通の子供と何が違うのか、どんなことに気を付ければ良いのかなどわからないことがたくさんあり不安を感じるお母さんも多いでしょう。

しかし、ダウン症の赤ちゃんはたくさんいますし、これまでの赤ちゃんの傾向からどうすれば良いのかをある程度予測することは可能です。

downsyndrome2

ダウン症児の食欲について

ダウン症の赤ちゃんは、筋肉の発達が不十分なことが多く、それが食欲にも影響していると考えられています。そのため、ダウン症児の多くは食欲が他に子に比べてないようです。

では新生児ではどれくらい食欲がないかというと、通常3時間間隔で実施する授乳を、3時間間隔では飲まないということも多く、また飲んだとしても1回に10ミリ程度のようです。

よほどお腹がすいているという時でも、通常の赤ちゃんの半分程度しか飲むことができないようです。

ミルクを飲むことにも体力を使い、体力が元々ないダウン症の子は他の赤ちゃんよりも多くを飲むことができず、それが成長の遅れにも影響してしまうのかもしれません。

スポンサーリンク

ダウン症の新生児や赤ちゃんの特徴的症状!胎児の時では分からないことも!

ダウン症児のミルクの飲み方

筋肉の力がないために、上手く飲むことができないのもダウン症児の特徴のようです。

産まれてすぐに顔つきなどからダウン症の疑いを持たれなかった場合でも、ミルクの飲み方をみて、何らかの障害を疑われることもあるようです。

ミルクを吸う力も弱く、また飲み込むこともうまくできなくてむせる子も多いようです。

よく新生児はお腹がすいた時や、おむつを替えて欲しいときには泣くと言いますが、ダウン症の子はそうとは限らないようで、お腹がすいていたとしても泣かない子もいるようです。

あまり泣かないことから、母親もミルクをあげなければならないことに気付かないというケースもあります。

そして泣かない上にあまり起きないということもあるようで、通常新生児は3時間に1回は起きて授乳が必要になりますが、ダウン症の子は無理やり起こすなどしなければ1日中寝ている子もおり、そのままにしていると全くミルクを飲まない状態に陥ってしまうため、ダウン症の子を起こすために苦労する母親もいるようです。

ダウン症と自閉症は違う!合併や併発が起こる事もある?

スポンサーリンク

 - 育児・教育・介護

  関連記事