妊娠中のダウン症予防!葉酸で7割リスクを防ぐ

ダウン症の特徴・原因・予防方法等についてまとめてます!

*

ダウン症の人の特徴は言葉の発音や喋り方にあった!?

   

スポンサーリンク

ダウン症の人の特徴に、どんなダウン症の人たちも独特の似た顔立ちになることがありますが、他にも共通する特徴があるようです。

見ただけではわからない部分にも色々な特徴があるようですが、その中でも言葉の発音にどのような特徴があるのでしょうか。

downsyndrome3

ダウン症の言語発達について

産まれてすぐにダウン症だとわかる場合もあれば、しばらく経ってからわかることもありますが、通常は産まれてから数か月の間にはダウン症の検査を行い診断がつくようです。

しかし、一概にダウン症といっても、症状はそれぞれ違い、発達の遅れ具体も異なります。

特に、通常の子供は2歳くらいから少しずつ言葉を覚え意思を伝えられるようになってきますが、ダウン症の場合言語発達は遅れることが多いと言われています。

しかし、言葉を聞き、理解することは早いうちからできていると考えられています。

そのせいか、ダウン症の子はおとなしいと言われることが多いようです。

スポンサーリンク

ダウン症の顔は軽度と重度で症状や特徴も全く違うのか?

ダウン症の人の発音や喋り方

発音についても不明瞭なことが多いようです。

それは、筋肉の発達が不完全であることも影響しており、口腔周辺の筋肉や、構音昨日の未成熟が関係しているようです。

また、心臓や循環器系に合併症がある場合には、呼吸器感染の頻度も高く、特にダウン所の子供は鼻炎にかかりやすいと言われており、慢性的に鼻炎の状態だと常に呼吸を口でするしかありません。

その場合も発音が上手くいかない原因となるようです。

発音の際に重要な舌も筋肉ですから、その筋肉を上手く動かすことができなければ、やはり聞き取りやすい発音は難しいと考えられます。

子供のうちはこれら発音の障害の他にも、吃音や、口を閉じることがなく常に開いているためよだれが多くなること、また食事を噛まずに丸のみしてしまうなどの特徴もダウン症の子供に共通してあるようです。

そのため、子供がダウン症だとわかった場合には、早いうちから療養所などに通わせてある程度訓練をさせる親も多いようです。

また言語や知的な遅れについては、ダウン症の症状の重さにも大きく関わるため、ダウン症一人ひとりに合わせた訓練が重要だと思われます。

ダウン症児の顔があまり変化しない理由は?大人になってもそのままなの?

スポンサーリンク

 - ダウン症について

  関連記事