妊娠中のダウン症予防!葉酸で7割リスクを防ぐ

ダウン症の特徴・原因・予防方法等についてまとめてます!

*

ぶっちゃけダウン症は嫌!?天使と言われる理由は何?

   

スポンサーリンク

もしも、産まれてきた子供がダウン症だったとしても、ショックや悲しみを抱きつつも両親は笑顔を向けてくれるわが子がかわいいという気持ちになる人が多いと思います。

それでも、社会で生きていく中で、ダウン症というだけで他人から嫌われてしまう現実もあるようです。

downsyndrome3

ダウン症が嫌!?と思う人もいるのが現実

ダウン症の人と関わることで嫌な経験をすると、ダウン症の人が嫌いと思ってしまう人もいるようです。

それは他人に限らず、身内にダウン症の人がいても言えるようです。

ダウン症の症状の重さにもよりますが、重度の場合には一人で自立して生きていくことはまず難しいと考えられます。

常に誰かの見守りや手助けが必要となります。

その主に身近にいるのは母親になるのかと思いますが、もしもその母親が病に倒れるなど、手助けすることが出来なくなってしまったとき、変わりに助けなければならないのはその家族たちになります。

一番影響を受けやすいのは兄弟だと言われています。

家庭内のこれまでの環境によっても気持ちの負荷は変わりますが、健常な子とダウン症の子ではどうしても手のかかるダウン症の子に寄り添う時間が増えてしまい、それだけでもまだ幼い子供はストレスを抱えることでしょう。

そのストレスと、ダウン症の子の面倒も看なければならないというストレスによって、兄弟であってもダウン症の兄弟が嫌いになってしまうというケースもあるようです。

他人であれば、もっと愛情はないでしょうから、例えば外を歩いている際に奇怪な行動をしているのを見て嫌な気持ちになるという経験をした人も多くいるのではないでしょうか。

ダウン症の症状への理解を社会的に広め、そして守る必要が今の日本には課題としてあるのかもしれません。

スポンサーリンク

ダウン症同士の結婚!妊娠出産は可能?障害の遺伝について!

ダウン症の人たちがなぜ天使と言われるのか?

ダウン症は天使だと言われる元々の発端は、とても穏やかで優しい性格の人が多いということにあるようです。

また他の意見として、天使だとでも思わなければ親の心を保つことが難しいという意見もあります。

天使と呼ばれる発端が何であるにせよ、産まれてきた子供は皆疾患あるなしに関わらず天使のように愛おしいものです。

ダウン症だからといって今後辛い困難ばかりを想像する人もいるかもしれませんが、ニコッと笑顔を向けてくれると、天使のよう、幸せという気持ちになる親御さんは多いようです。

ダウン症の顔は軽度と重度で症状や特徴も全く違うのか?

スポンサーリンク

 - ダウン症について

  関連記事